宇都宮ワンナイトスクールデリヘルコラム

デリヘル

menu_book2022/06/16

デリヘル嬢もお客様も心配な性病問題について

心配な性病問題

〇性病への不安

デリヘル嬢だけでなく、お相手である男性客も性病に対しての不安はつきものです。
若い方々は性病への意識が低いこともあり、知らない間に性病にかかっていたということもあります。
性病にかかった状態でお仕事を続ければ、周囲に迷惑がかかってしまうだけでなく、ゆくゆくは自分自身がお仕事を続けられなくなるかもしれませんし、最悪の場合は命の危険も出てきてしまいます。
性病にかかってしまった後の対処はもちろんですが、まずは性病にかからないことが第一です。

〇性病は危険

性病には主にHIV・梅毒・淋菌・クラミジアが挙げられます。
症状としましては排尿時の痛み、頻尿だるさ、発熱皮膚の発疹腹痛、下痢、性器のしこり、ただれ、かゆみ、おりものの増加や臭い、不正出血、口の中のただれによって気づくことが多いと言われています。
性病はウイルス性の感染症なので、挿入時のみならずキスやフェラチオでも感染してしまうことがありますので、本番行為がNGだからと言って安心してしまうのは危険です。
性病を持っているお客様と接触することで、いつでも感染の危険はあります。
また、お客様の感染がわかったとしても、無症状だから自分は大丈夫だったのだろうと思い込んでしまう人もいますが、性病には潜伏期間というものがあるのですぐには症状に現れないこともあります。
放っておけばいつか自然治癒すると楽観視する人もいますが、性病は自然には治りませんので覚えておいてください。
万が一感染の疑いが出た場合には、すみやかに保健所や医療機関で性病検査を受けるようにしましょう。
ほとんどの場合は処方された薬を飲むことで完治します。

〇感染対策

・粘膜同士の接触を減らす

性病は粘膜同士の接触で感染することがほとんどなので、できるだけ接触は避けたいところです。
基本プレイに粘膜の接触が無いお店を選ぶのも、性病のリスクを下げるひとつの手段と言えるでしょう。

・プレイ前に歯磨き・うがい・消毒

歯磨きで口の中の衛生状態を良くし、イソジンのような殺菌作用のあるものでしっかりとケアしてください。
ばい菌は傷口から入りやすいので、歯ブラシで口の中を傷つけないよう注意することも大切です。

・プレイ前にシャワーとトイレを済ませる

プレイ前には必ずシャワーを浴び、プレイ後も身体をきれいに洗い流しましょう。
また、ウイルスは尿道などから感染して広がっていくこともありますので、膀胱炎の予防のためにもプレイ前後にトイレを済ませましょう。
 

・お客様をよく観察する

性器から異臭がする場合や性器にブツブツや腫れがある場合など、少しでも異変を感じたら性病の疑いがあります。
また、お客様の爪が伸びていないかもチェックしましょう。
爪が伸びた状態では、身体に触れた時に傷つくなどして感染するリスクが高まる恐れがあるからです。

・デリケートゾーン専用の石鹸やボディソープを使う

身体を洗う石鹸やボディソープには、汚れを落とす作用があるアルカリ性の成分でできている商品が多いので、善玉菌も殺してしまい、雑菌が好む環境を作ってしまって身体の免疫力を低下させてしまう作用があります。
これに対しデリケートゾーン用の石鹸やボディソープはアミノ酸系の成分でできているので、悪い菌を寄せつけないバリアをつくることができます。
デリケートゾーン用の石鹸やボディソープは、粘膜が近くデリケートな場所を洗うのにおすすめです。

・不調の時にはしっかり休む
 

体調が悪い時は身体の免疫力が低下してしまうので、感染するリスクも高くなってしまいます。
体調が悪い時には無理をせずに休みましょう。


 
ナイトくん

ナイトくん

性病対策に関しましては我々スタッフも厳重に対策しています。
一緒に感染しない環境づくりを目指しましょう。

Twitter facebook Pocket はてなブックマーク LINE
ナイトくん

account_circleこの記事を書いた人

ナイトくん

デリヘル・オナクラ・風俗エステのコラム担当です。
風俗歴15年で宇都宮に居住して10年です。
今までデリヘル・オナクラ・風俗エステ求人の面接も5,000人以上担当しています。
風俗にまつわるお役立ち情報を働いている女の子向けや、お客様が風俗遊びに役立つコラム記事として更新していきます。
宜しくお願い致します。

check_circleこの記事のカテゴリ:デリヘル